活動報告・お知らせ

すきなだけ
まちを楽しむ。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 2014年度
  4. 平成26年度12月定期総会を開催しました

平成26年度12月定期総会を開催しました

12月17日(水)に福井商工会議所 国際ホールにて平成26年度12月定期総会が開催されました。

菊会長からは「ちょうど一年前にこの場で基本方針を発表したことが感慨深い」とのご挨拶がありました。

続けて新入会員の明瀬達也君、前田和也君、土谷宏明君、朝日一博君に会員バッジが授与され、
菊会長と熱い握手を交わしました。

定期総会は北出副会長による議事進行の元、審議が執り行われました。

・第1号議案 平成27年度福井商工会議所青年部役員選出(案)について
選挙管理委員会上松委員長より役員34名が発表され、全会一致により可決されました。
初めて役員をされる方や今年度新入会員からも多く選出されました。

・第2号議案 平成27年度福井商工会議所青年部基本方針(案)について
森下峰雪次年度会長予定者より平成27年度基本方針が発表されました。

スローガンとして「Your Growing,Our Future」(一人の成長が私たちの未来をつくる)が掲げられ、基本方針も全会一致により可決されました。

無事、基本方針の審議を終えた森下会長予定者より3点述べられました。
①成長
ひとりの熱い想いが、周りの人を動かし、事業が具現化する。
やりきることで自分が成長し、その積み重ねでより多くの人が成長を実感できる一年にしたい。
企業の発展、地域の発展につなげていこう。
②まじわり
数年ぶりに事業に参加してくれた仲間がいた。
久しぶりに話しをしていると、
「手書きのはがきで参加案内が送られてきた。参加せずにはいられなくなって参加した。」
そう話してくれた。そして、その仲間のポケットには手書きのはがきが入っていた。
まさしく、想いと想い、心と心がまじわりあって生まれた行動。
各委員会が一生懸命構築した事業へその想いを感じながら参加することが大切。
行動で交わる一年にしよう。
③進化
進化とは、より環境に適応した状態への変化。
いつもと同じ事を繰り返す作業の中に進化は生まれない。
私たちが求められていることも、社会の環境も変化する。環境に柔軟に対応していこう。
今ある事業は、一歩前へ、何もないところに可能性を感じれば新たな一歩を踏み出す。
そんな一年にしていこう。

最後にご自身が「サラリーマン」であることにも触れられました。
サラリーマンであっても熱い気持ちで一年間成し遂げたい。
「俺も私もやってみよう」「委員長、県連、会長を目指してみよう」
このように熱い仲間が生まれることを願う。

基本方針だけでなくこの言葉も私には強く印象に残りました。
今までにない新たな風を次年度に向け予感させる、強い気持ちのこもった言葉で締めくくられました。

続けて菊会長より次年度に日本YEGへ出向する天野準一君と朝田健一君が紹介され、
両者より「日本に福井を伝える」、「日本を福井に持ち帰る」といった意気込みの言葉がありました。

定期総会も無事終了し、いよいよ次年度への準備が本格的に始まります。
今年度もあと3ヶ月、進むべき道を指し示しつつ、各事業を精一杯遂行しましょう。
そしてしっかりと次年度へバトンタッチしましょう。
(記事担当:総務・渉外委員会)

関連記事