活動報告・お知らせ

すきなだけ
まちを楽しむ。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 2017年度
  4. まちキッズふくい2017を開催しました。

まちキッズふくい2017を開催しました。

10月9日(月‣祝)第1回ワークショップ・10月10日(火)~11月4日(日)第2回フィールドワーク・11月5日(日)第3回ワークショップ 計3回の日程でまちキッズふくい2017を開催しました。

昨年度から始まった「まちキッズふくい」は、小学生の子ども達が、福井市内49地区を探検して、郷土愛を育むことを目的として始まりました。

本年度は「まちづくりはひとづくり」の観点のもと、まちの宝ともいえるそれぞれの地域の「人」にフォーカスをあて、各地区で活躍されている人を「宝人」と名付けました。子ども達が特派員となって宝人に会いに各地区へ出向き、取材して記事を書いて、一冊の本にまとめました。私たちは子ども達に対して、さまざまな活動や取り組みについて宝人を通じて知ることで、「まちづくりはひとづくり」を実感してほしいと願いを込めていました。

第1回のワークショップでは佐藤ライターから取材のレクチャーを受け、子ども達は特派員になるため真剣に取材の練習を行いました。第2回のワークショップでは実際に宝人に会って取材を行いました。子ども達は、宝人と会うまでに下調べをして自分なりに質問を考えて、取材することができました。

また、第3回ワークショップでは佐藤ライターから記事のまとめ方のレクチャーを受け、取材してきた事を1つの文章にまとめ、撮ってきた写真の選定を行いました。決められた時間内に仕上げる必要がありましたが、

最初は緊張していた子ども達でしたが、徐々に緊張もほぐれ真剣な表情になっていく子ども達の可能性のすごさには本当に感動しました。

1月下旬に発刊された「ふくい宝人」各方面から1冊ほしいとのお声を福井市内外から頂きまして、増刷が決定いたしました。

福井市内の小学校や公民館、図書館などに配布されましたので、是非手に取ってご覧になられてください。

関連記事